何にも縛られちゃいない だけど僕ら繋がっている

秋から冬にかけての気温が徐々に下がっていく季節は,どうも苦手だ.そういう風に思い込んでるからそうなるんだ,とスーパーな上司は言うが.
先週も,ニュースではいじめの問題や若者の貧困の問題を取り上げていて,そういう問題の渦中にいる人から比べれば,今の自分の置かれた境遇はものすごく恵まれているのだろう.安定した仕事と収入があるわけだから.それでも,何とも言えぬ疲労感を引きずりながら日々生活している.

それなりの大きさの会社組織にいると,何年かに一度,これから長期的にどうしていくのか,その中で自分はどういう立場・責任で取り組んでいくのか,のようなことを集中的に考える(考えさせられる)機会が巡ってくる.ここ2ヶ月ほどこれをやって,ようやく半月ほど前にひと区切りついた.考えて周囲に表明したことのほとんどは,周囲から見れば望まれるものだっただろうが,自分にとってはほぼ嘘である.そういう周囲から望まれるような考えを示す時,当然のことながら歓迎され,自分の中にも誇らしさと言える感情が沸き起こってくるのが感じられる.しかし,自分にとっては嘘なのだから,その誇らしさも時間の経過とともに,それも思ったよりも急速に冷めてしまう.これが何とも言えぬ疲労感の原因の一つなのだろうと思う.

仕事というのはとても多面的なもので,長期的なビジネスとしての視点から,ごく身近な周囲の人たちとの人間関係や共同作業に関わる達成感と言うようなレベルまで,本当にいろいろある.上に書いた『嘘』に起因するのは,長期的なビジネスとしての視点を中心としているように思う.今,製造業の末端で,製造業を支援するような仕事をしているが,これについては,長期的な夢や憧れ,はたまた熱中の対象としてのイメージは描けない(当たり前だがこれはあくまで,個人的な考えや好みによるものなので,誰でもがそうだというわけではない).
ビジネス視点とは反対の人間関係・共同作業については,経験の長さに応じた愛着もあり,簡単には失いたくない部分である.ただ,自分の中でこれだけ矛盾が広がってくると,そうとばかり言っていられないかもしれない.

こんな状態の中,1年ほど前からブログを書き始めた.自分がいったいどんなことを書くのか,興味を持つのかを第三者的に見ていたのかもしれない.読んだ本,新聞記事,テレビのニュース,何かの集会・講演,そういったものに触れて何を書くのか,それを記録しておけば,後から振り返ることもできる.ずいぶんグチャグチャな文章もたくさん書いたが,それなりに,いやかなり役に立った.もう次の段階へ進んでもいい頃なのだろうと思う.

今ある環境に感謝して一生懸命取り組むもよいし,不安を振り切って新しい環境に飛び込んで何かを始めるのもよいのだろう.きっと周囲からは,感謝知らずだとか逃げたとか中途半端だとか,いろいろ言われるだろう.自分でもそう思うところはたくさんあって,だからこそ迷っている.でも,一人一人が心の底からやりたいと思うことを見つけて,それに取り組んでいくことこそが大切なんだ,とも思う.ものすごく偉そうな言い方だが.
「一人一人に自由を与え過ぎたから,日本は駄目になった」などという人もたくさんいるが,全く逆ではないかと思う.心の底からやりたいことと,外部からのおかしなメッセージに踊らされてやることとでは,全く違うはずだから.
何にも縛られちゃいない
だけど 僕ら繋がっている
どんな世界の果てへも
この確かな思いを連れて
(Mr.Children "Worlds end" 詞:Kazutoshi Sakurai)

[PR]
by ntomomitsu | 2006-11-26 15:44
親や環境は選べない? >>